少年は戦う―「正しい死」を求めて