王女は、まだ知らない。数奇なる運命を――。