これは朝と夜、その宵に佇む、ふたりの為の物語。